CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PR
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS
 
有名なものから特徴的なものまで、思考実験を集めて考えました。
<< テセウスの舟 | main | 血液型占い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
鏡に映った私はなぜ左右がひっくり返ってるの?
なぜ鏡は左右をひっくり返すの?
上下じゃなくて、という話題。


や、ご存知の方には無駄なお話で申し訳ないのです。
左右でも上下でもなく、鏡でひっくり返るのは「前後」です。
単純に「直角単位の回転」と「鏡像」の操作で構成される演算系(群)を持ってきたとき、

 (まわれ右×左右反転)=(倒立×上下反転)=(前後反転)

という式が成り立つから、「前後反転」じゃなくて「まわれ右×左右反転」であると捉えても、それはそれで合点がいくというだけです。
つまり、上下が反転してると捉えても、回転がまわれ右じゃなくて倒立だと思えば正解なわけですね。

なんだか、目が横に2つ付いてるからだとか、人間は左右にものを見る方が早いからだとか、無茶苦茶なことを言う人に出会ったことがあります。
試しに首を横に傾げてごらん、ほら、鏡の上下方向にひっくり返ってるだろう、それは目がいま縦に並んでいるからだよ。とか。
そしてそれを見ている人は言うわけです。いや、ひっくり返ってるのは左右だよ、と。
どちらでもいいのです。計算結果が「前後反転」となればそれで正解です。

しかしここで、ふとおもしろい話題が思い浮かびました。
なぜ人々は、「倒立×上下反転」では納得しにくいのでしょう。
むしろ、なぜ多くの人は「前後反転」ではなく「まわれ右×左右反転」だと、つまり、ひっくり返ってるのは左右だと捉えるのでしょう。

少し考えれば、人間にとって「自然な動作」と「不自然な動作」があるなぁとか、反転に関しても視覚認知の観点から「イメージしやすい方向」と「イメージしにくい方向」があるなぁとか、色々な原因が思い浮かびます。

それを踏まえて、それでは最後に、思考実験のテーマっぽく話題を提起してみたいと思います。

「『でんぐりがえり族』とは、前進する時に常にころころとでんぐり返りをしながらでないと前に進めない民族である。もしも私たちが『でんぐりがえり族』だったら、鏡を見たとき、その像が上下反転していると捉えるのだろうか?」

機会があったらまた思考実験してみたいと思います。 
| [日記] | 11:24 | comments(8) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 11:24 | - | - | - |

お邪魔します。

http://stat.ameba.jp/user_images/20120729/00/uwootaaman/79/8c/p/o0779168612104076126.png
僕は、こんな↑ふうに考えました。

図で「前後対称」と書いてあるものは、「前後反転」と読み替えてください。

注目してほしいのは、図の「前後対称(前後反転)」と「前後逆転」が別物になっているところです。
(逆転というのは、頭の中でする「入れ替え」です。)
ここに気が付いてる人は少ないんじゃないでしょうか。

そして、ポイントは、どう比較するかや、どう回転させるか、という観点を捨てて、
どう逆転させるかだけを考えることです。
逆転させると『化け物』になります。
この『化け物』のイメージ(思考)が、この問題の肝になります。

実は、左右を逆転させたものも『化け物』なんです。
だって、映ってはいないけど、心臓が逆なんだから。
しかし、左右だけは、ほぼ対称に作られてるので、違和感がないんです。

「人は違和感のない左右逆転を選びがちだから」というのが、この問題の回答になります。
| 魚田阿萬 | 2013/03/29 1:25 PM |
>魚田阿萬さん

コメントありがとうございます。管理人です。
人間はほぼ左右対称だから、左右反転に違和感がないというのは、確かにその通りで、明確な回答だと思います。
となると、『でんぐりがえり族』もやはり、鏡に映った自分の姿は左右対称だととらえそうですね。
| 考える足 | 2013/03/31 1:25 PM |

良く考えたんですが・・・・・、
もしかすると、人間の体の左右が対称に出来ていなくても、左右の逆転を選ぶかもしれません。
というのも、鏡像だけを見た場合に、
そもそも、右手には、頭や腹のように、右手をして右手たらしめる特徴がないんですよね。
だから逆転させてる意識すら働いてないように思うんです。
結果として逆転させてるだけで。

では、なぜ左手と判断したかというと、たぶん、頭(上)と腹(前)の判断に追従したからだと思うんです。
人間の体の左右が対称に出来ていなくても、左右の判断が最後であるならば、
結果として左右の逆転を選ぶんではないかと。

思考実験をするとしたら、頭(上)と右手(右)の判断が先で、それに追従させて腹(前)を判断する人がいるかどうか、とかですかね。
心臓が透けて見えてれば、鏡像だけを見ても、右手を右手だと判断できる人がいるかもしれません。
頭(上)と右手(右)の判断をした後、それに追従して腹(前)を判断すれば・・・・、それが化け物に見えるでしょうね。
| 魚田阿萬 | 2013/04/02 10:57 AM |
>魚田阿萬さん
なるほど、確かに鏡に映った姿を見ただけでは左右逆転しているという意識は無いかもしれません。
しかし、右手をして右手たらしめる特徴がないというのは、どうなのでしょう。右手と左手は光学異性体のような関係をしていますから、右手は右手の形ですし、左手は左手の形だと思います。これを試しに入れ替えた画像を作ってみると、非常に違和感があります。

鏡に映った姿を見ていると、私から見て右側にはあちらさんの左手(の形をした手)が有りますし、逆もまた然りです。これでは確かに、鏡の中の私は回れ右をしているだけで、左右反転の印象はないですね。

ではどこで左右が逆転している印象を受けるかと考えると、動的な何かを行ったときだと思います。すなわち、私が右手を上げたとき、あちらさんは左手を上げるわけです。ここで左右が逆だなというか、左右が逆転した動きをしているなという印象を受けるわけですね。

そう考えてみると、私達が鏡に対して感じていることは、左右が反転していると言うよりは、左右逆の動きをしているという程度なのかもしれません。そう考えることが、脳にとって違和感のない解釈なのかもしれません。

ただ、仰るように、心臓が透けて見えてれば鏡に映った姿は、左右が完全に反転した、違和感のある何物かなのかもしれませんね。
| 考える足 | 2013/04/07 12:05 AM |

考える足さんが「右手は右手の形だし、左手は左手の形だ」と思ったとき、
既に、頭(上)と腹(前)の判断に従属させて、その手を、右手(右)あるいは左手(左)だと判断していませんか?

いや、実は、これが微妙なんですけどね。
確かに、右手の形には右手の形のアイデンティティーがあるのも事実ですからね。

右手だけが蟹の手になってる民族が居たらどうなるでしょうか?
映ってる右手を見て、左手だとは思いませんよね?
左右対称だからこそ右手が左手に見えるだけだし・・・・・、
詳細に見てみれば左右対称じゃありませんよね。

って、それでも、まあ、微妙ですよね。
正直、よく分かりません ^ ^ ; 。
| 魚田阿萬 | 2013/04/07 1:55 AM |
>魚田阿萬さん
片手だけが蟹の手になっている場合、左右の手が光学異性体の関係にすらなっていないですから、また違う考え方になるのかもしれません。それはそれで、おもしろい話題ですね。
| 考える足 | 2013/04/08 10:17 AM |

うーん、ちょっと整理しますね。

表現が中途半端だったかもしれませんが、
「右手をして右手たらしめる特徴がない」というのは、
要は、「右手は右の象徴になりうるか」ってことなんですよね。

頭や腹とは、その辺が違うんではないかということです。

だから、頭(上の象徴)と腹(前の象徴)を決めて、
それに従属したかたちで右手(右の象徴)が決まることはあっても、
先に右手(右の象徴)を決めることって出来るんだろうか、ってことなんです。

右手と左手は、文字通り、お互いがお互いの対掌体(光学異性体)です。
掌性というのは、その鏡像と重ね合わすことができない性質です。
だから確かにアイデンティティーはあるんですが・・・・・、
それが、この話題の中では弱いんではないかと。

そもそもが対掌体の話題なのに、
それを説明するときに対掌体が出てきちゃってるんですよね。
| 魚田阿萬 | 2013/04/08 12:19 PM |
> 魚田阿萬さん
「右手は右の象徴になりうるか」
なるほど、少し理解しました。昔から「右を右と定義することは難しい」と言われますね。
右とは左の逆である。左とは右の逆である。なんていう冗談も耳にします。

その位、右と左って「似ている」概念なのでしょう。話が戻りますが、だからこそ、人は鏡に映った姿が「左右反転している」と捉えるのが自然なのかもしれません。それぐらい、鏡に映った自分の姿は自分と比べて「めっちゃ似てるけど同じではない何か」なのでしょう。
| 考える足 | 2013/04/08 11:27 PM |