CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PR
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS
 
有名なものから特徴的なものまで、思考実験を集めて考えました。
<< 『思考実験』とは? | main | 視覚的補完とアモーダル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
サイコロジカル・ゼスチャー
演劇における演出理論の1つとして、マイケル・チェーホフのサイコロジカル・ゼスチャーという考え方があります。演劇では感情表現を心体表現として示すわけですが、その練習段階として「それぞれの感情を表す心体表現」を行うことによって、体にその感情を引き起こさせ、そしてその感情を記憶しようという考え方です。

ふつう人間は、感情表現があってそれに応じた心体表現が表面に現れるわけですが、その逆を行うことで感情を体に呼び出すという考え方で、非常に面白いと思います。
確かに人間は誰でも、テンションが上がると体の動きが活発になり、ふさぎこむと体が思うように動かなくなります。そして、活発に動いているとなんとなく気持ちも晴れやかになるというのも分かる部分があります。それを、演劇の訓練として採用するというのは面白いなと感じます。

感情と体の活動というのは、感情から体だけでなく、体から感情という風にも、相互に関係しているものなんだなぁと思いました。
| [日記] | 13:24 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 13:24 | - | - | - |